• 本

南北戦争の時代 19世紀

岩波新書 新赤版 1771 シリーズアメリカ合衆国史 2

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-00-431771-5
4-00-431771-1
税込価格 907円
頁数・縦 215,19P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

目次

第1章 西漸運動の展開―「西半球の帝国」へ(西漸運動の展開と市場革命
ナショナリズムと「好感情の時代」の政治
ジャクソン政治とデモクラシー
北部改革運動
奴隷制度と南部社会
「帝国」への胎動―テキサス併合とアメリカ・メキシコ戦争)
第2章 南北戦争(連邦の分裂
南北戦争
南北戦争の変質)
第3章 「再建の時代」―未完の革命(南北戦争と戦後改革―「アメリカ国民」の創造に向けて
リンカン大統領とジョンソン大統領の再建政策
共和党急進派による再建計画
再建下の南部社会―解放民の生活と失われた大義
再建政治の終焉)
第4章 金ぴか時代―現代アメリカへの胎動(金ぴか時代の政治と社会
最後のフロンティア―西部開発と先住民の一九世紀史
労働者と農民の運動―「アメリカの夢」の陰影
アメリカの帝国主義のかたち)
おわりに―南北戦争の「終わらない戦後」

おすすめコメント

連邦を引き裂いた内戦が、アメリカを奴隷国家から移民国家へと変貌させた。国民創造の一九世紀を描く。

著者紹介

貴堂 嘉之 (キドウ ヨシユキ)  
1966年、東京都生まれ。1994年、東京大学大学院総合文化研究科博士課程中退。現在、一橋大学大学院社会学研究科教授。専攻、アメリカ合衆国史、人種・エスニシティ・ジェンダー研究、移民研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)