• 本

佐々井秀嶺、インドに笑う 世界が驚くニッポンのお坊さん

出版社名 文藝春秋
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-16-391036-9
4-16-391036-0
税込価格 2,200円
頁数・縦 253P 19cm

商品内容

要旨

武士道をこよなく愛し、インドで仏教徒1億5千万人を率いる伝説のカリスマ坊主・佐々井さんの正体とは!?足かけ5年にわたる笑いあり、涙ありの密着同行記!

目次

ナグプールのインドラ寺
よろず相談所
悪魔祓いに孫の手を
人生の暗夜行路
三度の自殺未遂
色情因縁の嵐
「我は龍樹なり」
でんでこを持った乞食坊主
ガンジーが嫌われたのはなぜ?
ノラクロの大躍進
闘争のはじまり
だまされても、だまされても
デリーのアジトで
陰謀渦巻くアーグラ
ふたたびナグプールへ
「私は小さなお坊さんである」

おすすめコメント

荒れ狂う性欲、三度の自殺未遂を経てインドへ。滅亡寸前の仏教を再興し、不可触民の地位向上のため身を賭して闘う怪僧“インド仏教1億5000万人の頂点に立つ男”の正体とは。

著者紹介

白石 あづさ (シライシ アズサ)  
日本大学藝術学部美術学科卒業。フリーライター&フォトグラファー。地域紙の記者を経て、約3年の世界放浪へと旅立ち、帰国後は旅行雑誌、週刊誌などに執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)