• 本

中学校数学の授業がもっとうまくなる50の技

出版社名 明治図書出版
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-18-293316-5
4-18-293316-8
税込価格 2,090円
頁数・縦 139P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

Aを説明するときはBを登場させる(説明)、「いつもそう言えるのか」と尋ねる(発問)、なぜそうしたのかを問う(数学的な見方・考え方)、考え方を固有名詞化する(話し合い)…など。ワンランク上の授業実現のための全技術完録。

目次

第1章 やる気を引き起こす課題提示がもっとうまくなる4の技
第2章 わかりやすい説明がもっとうまくなる4の技
第3章 思考力を高める発問がもっとうまくなる5の技
第4章 生徒の見取りがもっとうまくなる5の技
第5章 生徒の言葉で授業をつくることがもっとうまくなる5の技
第6章 話し合いの指導がもっとうまくなる5の技
第7章 「数学的な見方・考え方」を鍛えることがもっとうまくなる5の技
第8章 教科書の活用がもっとうまくなる4の技
第9章 教材研究がもっとうまくなる5の技
第10章 生徒の興味・関心を高めることがもっとうまくなる3の技
第11章 「主体的・対話的で深い学び」づくりがもっとうまくなる5の技

おすすめコメント

教科書に沿って無難に授業はできるけど、それだけでは物足りない。そんな先生が数学授業の質を一段引き上げるための一冊。生徒のやる気を引き起こす課題提示の方法から、思考力をより効果的に高める発問の仕方まで、数学授業名人が絶対外せない50の技を伝授。

著者紹介

玉置 崇 (タマオキ タカシ)  
1956年生まれ。公立小中学校教諭、国立大学附属中学校教官、中学校教頭、校長、県教育委員会主査、教育事務所長などを経て、平成24年度から3年間、愛知県小牧市立小牧中学校長。平成27年度より岐阜聖徳学園大学教授。授業と学び研究所所長。文部科学省「小中一貫教育に関する調査研究協力者会議」委員、「統合型校務支援システム導入実証研究事業」委員会委員長などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)