• 本

わが人生に悔いなし 時代の証言者として

出版社名 河出書房新社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-309-02805-7
4-309-02805-5
税込価格 1,620円
頁数・縦 201P 19cm

商品内容

要旨

昭和、平成、そして令和へ。激動の時代を駆け抜けた、天才作家の愛と魂の軌跡!感動の自伝的エッセイ。

目次

第1章 時代の証言者として(生きるって素晴らしい
名士の家庭 音楽に触れる
戦況悪化 無縁の幼少期
避難列車に敵襲 死体の山
父と再会「もう大丈夫だ」
使役の父 骸骨のように
引き揚げ 複雑な気持に ほか)
第2章 二十歳のころ(お茶の水界隈
出発前夜
霊感力)

おすすめコメント

満洲からの命がけの引き揚げ、貧しい青春時代、作家としての栄光と喝采の日々、癌発覚、そして克服。激動の時代を疾風怒涛のごとく駆け抜けた、天才作家の軌跡。感動の自伝的エッセイ!

著者紹介

なかにし 礼 (ナカニシ レイ)  
1938年、中国黒竜江省(旧満洲)牡丹江市生まれ。立教大学仏文科卒業。在学中よりシャンソンの訳詩を手がけ、その後、作詩家として活躍。『石狩挽歌』『北酒場』『まつり』など約4000曲の作品を世に送り出し、日本レコード大賞、日本作詩大賞ほか多くの音楽賞を受賞する。その後作家活動を開始し、2000年『長崎ぶらぶら節』で第122回直木賞を受賞。2012年3月、食道がんであることを公表。先進医療である陽子線治療を選択し、がんを克服したものの、2015年3月にがんの再発を明かし、闘病生活に入るが、再び快癒し、現在、より活発な創作活動を再開している。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)