• 本

覇権の世界史 陸のモンゴル・海のイギリス・空のアメリカ

出版社名 河出書房新社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-309-22776-4
4-309-22776-7
税込価格 1,728円
頁数・縦 231P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

悠久の歴史を編んできたドライ・ランドは大航海時代以降、海からイギリスに統合され20世紀後半になると強大なエア・パワーを持つアメリカが地球規模で一強体制を掌中にした。つまり、人類は「二度の空間レベルの覇権交代」をへて今の世界をかたちづくってきたのだ。それらの興亡はなぜ起きたのか?どうしてその国だったのか?読み進むほどに、歴史の必然が見えてくる!

目次

プロローグ 「陸」「海」「空」と覇権の移り変わり
1 「陸」の覇権とモンゴル帝国(長い時間をかけて「陸」の世界は形成された
ペルシア、ローマ、秦…「陸」の世界に出現した地域覇権
アッバース朝から始まるユーラシア経済の一体化
モンゴル帝国は、いかにユーラシアの覇権を握ったか)
2 「海」の覇権とイギリス帝国(「海」を発見したヨーロッパ、大航海時代へ突入す
小国のオランダ、イギリスが「海」への転換を主導できたわけ
イギリスの覇権を用意した産業革命と情報革命
あまりにうまくいきすぎた?!「海」の帝国イギリスの覇権確立)
3 「空」の覇権とアメリカ(新大陸で急成長した移民大国アメリカ
没落したヨーロッパを尻目にアメリカ経済は独り勝ちへ
アメリカの「空」の覇権に挑む中国の思惑とは)

おすすめコメント

世界の覇権は「陸」のモンゴル帝国から「海」のイギリス帝国へ、そして「空」の領域を支配するアメリカへと移っている。覇権の構造とその転換がいかに起きたかを明らかにする書!

著者紹介

宮崎 正勝 (ミヤザキ マサカツ)  
1942年生まれ。東京教育大学文学部史学科卒。筑波大学附属高校教諭、筑波大学講師、北海道教育大学教授などを経て、現在は歴史書の著者として活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)