• 本

本の『使い方』 1万冊を血肉にした方法

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-04-604379-5
4-04-604379-2
税込価格 1,540円
頁数・縦 242,11P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「本を活かせる人」の習慣。やさしく、深く解説します。還暦ベンチャー(ライフネット生命)、古希学長(立命館アジア太平洋大学(APU))にして、稀代の読書家が、本を読むことの楽しさ、本の選び方、読み方、付き合い方、本を活かせる人の習慣を解説します。

目次

第1章 本とは「何か」―教養について考える(「教養」と「教育」の違い
教養を得るための効率的なツール ほか)
第2章 本を「選ぶ」―「おもしろそうな本」という鉄則(未知の分野の勉強のしかた
どうして古典が難しく感じるか ほか)
第3章 本と「向き合う」―1行たりとも読み飛ばさない(読書の作法
本は、人 ほか)
第4章 本を「使う」―著者に左右される人、されない人(数字・ファクト(事実)・ロジック(論理)
本に即効性を求めない ほか)
第5章 本を「愛する」―自分の滋養、他者への架け橋(本との出会い
小学生時代 ほか)

おすすめコメント

本を読むときは、1行たりとも読み飛ばしてはいけない本を選び、読み、活かすにはどうすればいいか・1行たりとも読み飛ばさない・何百年も残った古典は「正しい」・何かを学ぶなら「厚い本→薄い本」の順「自分の頭で考える力」をつけるための要諦を説き明かす

著者紹介

出口 治明 (デグチ ハルアキ)  
APU(立命館アジア太平洋大学)学長。ライフネット生命創業者。1948年、三重県生まれ。京都大学法学部を卒業後、1972年、日本生命保険相互会社入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て同社を退職。2006年にネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。ライフネット生命を2008年4月に開業し、2012年に東証マザーズ上場。2018年1月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)