• 本

日本の天井 時代を変えた「第一号」の女たち

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-04-105930-2
4-04-105930-5
税込価格 1,760円
頁数・縦 316P 19cm

商品内容

要旨

日本にはガラスの、いや鉄か鉛でできていた天井があった。出ること、伸びること、知ることを封じられた女性たちがいた。その状況に我慢せず、各界の天井を打ち破り、道をつくってきた「第一号」がいる。そして、彼女たちを後押しした無数の声なき女性たちがいる。しかし、未だ天井は残る。大正から昭和、平成、令和へと移ろう中、私たちは何を克服し、何を克服しえていないのか?女たちの歴史から、この国の姿を浮き彫りにする!「女」を追いかけ続ける著者が描く、闘いの時代史。

目次

第1章 砕き続けたのは、働く女性への偏見―高島屋取締役・石原一子
第2章 破ったのは、女性への迷信―囲碁棋士・杉内壽子
第3章 変えたのは、個人では破れない制度―労働省婦人局長・赤松良子
第4章 手にしたかったのは、経験そのもの―登山家・田部井淳子
第5章 描いたのは、読み捨てられない“文化”―漫画家・池田理代子
第6章 追い求めたのは、職業の本質―アナウンサー・山根基世
第7章 望んだのは優遇ではなく、同等の扱い―落語家・三遊亭歌る多

おすすめコメント

日本には幾重にもガラスの天井があった。そして、今もまだ残る天井がある。女たちは、偏見と迷信を破り続けた。各界のガラスの天井を打ち破り、後に続く人々のために道をつくってきた人たちの軌跡から、昭和と平成の歴史を浮き彫りにする。『原節子の真実』の著者が描く、闘いの時代史!!

著者紹介

石井 妙子 (イシイ タエコ)  
1969(昭和44)年、神奈川県生まれ。白百合女子大学卒、同大学大学院修士課程修了。2006年に『おそめ 伝説の銀座マダム』(洋泉社、09年新潮文庫)を刊行。綿密な取材に基づき、一世を風靡した銀座マダムの生涯を浮き彫りにした同書は高い評価を受け、新潮ドキュメント賞、講談社ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞の最終候補作となった。16年、『原節子の真実』(新潮社、19年新潮文庫)で第15回新潮ドキュメント賞を受賞。19年、「小池百合子『虚飾の履歴書』」(「文藝春秋」2018年7月号)で第25回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)