• 本

AIに勝つ! 強いアタマの作り方・使い方

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-532-17666-2
4-532-17666-2
税込価格 1,760円
頁数・縦 427P 19cm

商品内容

要旨

AI時代に重要になるのは読解力だけではない。人間らしい思考力と感性、コミュニケーション能力を発揮すれば、AIを使って幸福に働いていくことができる!第2次AIブーム期から研究開発に関わり、ビジネスにも精通する「AIのインサイダー」が、「科学的に正しい」観点から「AIに負けないための方法論」を伝える。

目次

プロローグ いよいよ始まり!AIを便利に使って、楽しく働く
第1章 AI時代の幸福論―人は働いて幸福になる
第2章 AI以後の世界―人は知識ではなく知能で働く
第3章 意味を読み取る力―人間はAIを凌ぐ
第4章 AIに勝つアタマの使い方
第5章 「AI流」をマネする―論理力を磨き、暗黙知も効率よく身につける
第6章 新たに生まれる仕事群を楽しむ
エピローグ AI時代に、なぜ人間はますます賢くならねばならないか?

出版社・メーカーコメント

「人間にしかできない」力を高めよ!KYなAI 対 普通の人間AI時代、どう働き、学び、生きるか?AI専門家だからこそ伝えられるノウハウ満載!著者は語る――「AIでトリプル・ハッピー! リッチに、便利で快適、人生豊かに。」仕事の生産性を上げる、単純労働から解放され知的に楽しく仕事をする、衣食住・介護などすべての生活シーンがより便利に――。AIをよく理解し、使いこなし、社会の豊かさを実現するための考え方を提示する。

著者紹介

野村 直之 (ノムラ ナオユキ)  
メタデータ株式会社代表取締役社長、東京大学大学院医学系研究科研究員。1962年生まれ。1984年東京大学工学部卒業、2002年理学博士号取得(九州大学)。NEC C&C研究所、ジャストシステム、法政大学、リコー勤務をへて、法政大学大学院客員教授。2005年、メタデータ株式会社を創業。ビッグデータ分析、ソーシャル活用、自然言語処理応用の人工知能API群を提供。この間、米国マサチューセッツ工科大学(MIT)人工知能研究所客員研究員。MITでは、「人工知能の父」といわれるマービン・ミンスキーと一時同室で勤務し議論。同じくMITの言語学者、ノーム・チョムスキーにも師事。ディープラーニングの精度向上を支えたイメージネット(ImageNet)の基礎となったワードネット(WordNet)の活用研究に携わり、日本の第五世代コンピュータ開発にも参加。日々、さまざまなソフトウェア開発に従事するとともに、AIを産業、生活、行政、教育など、幅広く社会に応用する問題に深い関心を持つ。著書のほか、情報処理やAIの応用などに関する雑誌などへの寄稿も多数あり、講演活動も数多くこなす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)