• 本

野党が政権に就くとき 地方分権と民主主義

出版社名 人文書院
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-409-24125-7
4-409-24125-7
税込価格 2,916円
頁数・縦 251P 20cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

政権を担う与党が自ら権力を弱め、地方にそれを譲渡する理由はない。地方分権が実現するのは、野党がそれを理念として掲げ、政権に就いたときだけだ。中央集権化を年々加速させるこの国で、民主主義再生の方途を探り当てるために。フランスと日本の社会党を事例に「野党の存在意義」を考え抜く重要作。

目次

第1章 「野党的政策」としての地方分権
第2章 保守政権下における中央集権傾向の存続
第3章 野党時代に準備されたオルタナティブ
第4章 フランス政権の交代
第5章 日本の連立政治
第6章 野党が政権に就いたとき

著者紹介

中野 晃一 (ナカノ コウイチ)  
1970年生まれ。東京大学文学部哲学科、英国オックスフォード大学哲学・政治コース卒業。米国プリンストン大学で博士号(政治学)を取得。上智大学国際教養学部教授。現在は学部長。専門は比較政治学、日本政治、政治思想
中野 真紀子 (ナカノ マキコ)  
ニューヨークの独立放送局「デモクラシー・ナウ!」の日本語版グループ「デモクラシー・ナウ!ジャパン」代表。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)