• 本

艦攻艦爆隊 雷撃機と急降下爆撃機の切実なる戦場

光人社NF文庫 ひ1126

出版社名 潮書房光人新社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-7698-3126-6
4-7698-3126-9
税込価格 1,001円
頁数・縦 390P 16cm

商品内容

要旨

雷撃機と急降下爆撃機その開発と変遷―そして切実苛烈なる第一線の実情。超低空雷撃に命をかける九七艦攻、天山、流星。Gに挑み逆落としに突入する九九艦爆、彗星―技術開発に献身した人々。また、鉄壁の防空網をかいくぐり生還を果たした当事者たちの感動の手記。

目次

九一式魚雷に栄光をあたえた日本艦攻隊(愛甲文雄)
黎明の真珠湾に記した飛龍雷撃隊の真価(松村平太)
蒼龍艦攻隊ハワイ上空の激闘四十五分(大多和達也)
艦上攻撃機の発達変遷とその戦歴(永石正孝)
中島製「九七艦攻」設計技術者の回想(中村勝治)
魚雷を抱いた飛行機が夢だった頃(桑原虎雄)
戦運われに味方せず天山艦攻血戦記(肥田真幸)
設計主務者が語る「流星」開発秘話(尾崎紀男)
最後の艦攻「流星」テスパイ試乗記(大多和達也)
艦攻「天山」北海の空を死守せよ(喜多和平)〔ほか〕

おすすめコメント

超低空雷撃に生命をかけるトーピードボマー(艦攻)九七艦攻、天山と流星。敵空母に突入するダイブボマー(艦爆)九九艦爆と彗星。技術開発に献身、また鉄壁の防空網をかいくぐり生還を果たした当事者たちの手記