• 本

ディープラーニングと物理学 原理がわかる、応用ができる

出版社名 講談社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-06-516262-0
4-06-516262-9
税込価格 3,520円
頁数・縦 286P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

物理学者ならではの視点で原理から応用までを説く、空前の入門書。物理は機械学習に役立つ!機械学習は物理に役立つ!

目次

はじめに:機械学習と物理学
第1部 物理から見るディープラーニングの原理(機械学習の一般論
ニューラルネットワークの基礎
発展的なニューラルネットワーク
サンプリングの必要性と原理
教師なし深層学習)
第2部 物理学への応用と展開(物理学における逆問題
相転移をディープラーニングで見いだせるか
力学系とニューラルネットワーク
スピングラスとニューラルネットワーク
量子多体系、テンソルネットワークとニューラルネットワーク
超弦理論への応用
おわりに)

おすすめコメント

人工知能技術の中枢をなす深層学習と物理学との繋がりを俯瞰する。物理学者ならではの視点で原理から応用までを説く、空前の入門書。

著者紹介

田中 章詞 (タナカ アキノリ)  
博士(理学)。2014年大阪大学大学院理学研究科物理学専攻博士後期課程修了。現在、理化学研究所特別研究員(革新知能統合研究センター/数理創造プログラム)
富谷 昭夫 (トミヤ アキオ)  
博士(理学)。2014年大阪大学大学院理学研究科物理学専攻博士後期課程修了。現在、理化学研究所基礎科学特別研究員(理研BNL研究センター計算物理研究グループ)
橋本 幸士 (ハシモト コウジ)  
理学博士。2000年京都大学大学院理学研究科博士課程修了。現在、大阪大学大学院理学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)