• 本

今昔百鬼拾遺 天狗

新潮文庫 き−31−51

出版社名 新潮社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-10-135353-1
4-10-135353-0
税込価格 767円
頁数・縦 381P 16cm

商品内容

要旨

昭和二十九年八月、是枝美智栄は高尾山中で消息を絶った。約二箇月後、群馬県迦葉山で女性の遺体が発見される。遺体は何故か美智栄の衣服をまとっていた。この謎に旧弊な家に苦しめられてきた天津敏子の悲恋が重なり合い―。『稀譚月報』記者・中禅寺敦子が、篠村美弥子、呉美由紀とともに女性たちの失踪と死の連鎖に挑む。天狗、自らの傲慢を省みぬ者よ。憤怒と哀切が交錯するミステリ。

おすすめコメント

「神隠し――と云うより天狗攫いね。高尾山だし」 聞き終えた敦子は先ずそう云った。百鬼夜行シリーズ長篇、新潮文庫初登場!: :昭和29年8月、是枝美智栄は天狗伝説の残る高尾山中で消息を絶った。約2か月後、遠く離れた群馬県迦葉山で女性の遺体が発見される。遺体は何故か美智栄の衣服を身に まとっていた。この謎に、旧弊な家に苦しめられてきた天津敏子の悲恋が重なり合い――。「稀譚月報」記者・中禅寺敦子が、篠村美弥子、呉美由紀とともに、女性たち の失踪と死の連鎖のミステリに挑む!

著者紹介

京極 夏彦 (キョウゴク ナツヒコ)  
1963(昭和38)年、北海道生れ。小説家、意匠家。’94(平成6)年、『姑獲鳥の夏』でデビュー。小説界に衝撃を与える。’96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞を受賞。二作を含む「百鬼夜行」シリーズで広範な読者を得る。’97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、’04年『後巷説百物語』で直木賞、’11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。’16年、遠野文化賞を受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)