• 本

カール・レンナー その蹉跌と再生

出版社名 成文社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-86520-033-1
4-86520-033-9
税込価格 5,500円
頁数・縦 398P 22cm

商品内容

要旨

二つの世界大戦後の混乱の中で二度の共和国樹立者、つねに調和を重んじ、構想力に富み、前向きで思いやりのある政治家。すでにコンパクトながら包括的な伝記のある著者が、本書でより詳細にレンナー八十年の実像に迫っていく。粘り強くオーストリアを率いた「国父」の肖像。

目次

序文 本書はカール・レンナーの新評価を目指す
第1章 協働こそ漸進の原則
第2章 征服戦争に反対、名誉ある和平を!
第3章 国家狂信者、協働者、連立主義者?
第4章 協同組合活動家として
第5章 国家の経済への浸透
第6章 合邦思想 一九一八〜一九三八
第7章 一九四五年四月のレンナー対スターリン―第二共和国への道
第8章 統一ヨーロッパのために

著者紹介

青山 孝徳 (アオヤマ タカノリ)  
1949年生まれ。1980年名古屋大学大学院経済学研究科博士課程単位取得により退学。名古屋大学経済学部助手を経て、1983年より独・米・日企業勤務。2014年よりフリー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)