• 本

女に生まれてモヤってる! 本当は「自分らしく」いたいだけなのに

出版社名 小学館
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-09-388707-6
4-09-388707-1
税込価格 1,404円
頁数・縦 252P 19cm

商品内容

要旨

「女らしさ」は誰のため?敵と味方とルールを再検証する。恋愛と結婚、私たちの戦略。なぜ女は自信を持ちづらいのか。ジャストフィットな生き方は自分で決める。

目次

1章 「女らしさ」は誰のため?
2章 敵と味方とルールを再検証する
3章 恋愛と結婚、私たちの戦略
4章 なぜ女は自信を持ちづらいのか?
5章 いつか結婚も出産もレジャーになる
6章 ジャストフィットな生き方は自分で決める

おすすめコメント

女の損は見えづらい――生き方が多用化し、女性としてのライフスタイルに「正解」や「ゴール」がない今、私たちはどのような道を選択すれば、心地よく生きられるのか。コラムニストのジェーン・スー氏と脳科学者の中野信子氏が、これからの女性の生き方を対談形式で語り合います。

著者紹介

ジェーン・スー (ジェーンスー)  
1973年、東京生まれの日本人。作詞家、コラムニスト、ラジオパーソナリティ。TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』のMCを務める。『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』(幻冬舎文庫)で第31回講談社エッセイ賞を受賞
中野 信子 (ナカノ ノブコ)  
1975年、東京都生まれ。脳科学者。医学博士。横浜市立大学客員准教授。東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。フランス国立研究所ニューロスピンで研究員として勤務後、脳科学についての研究と執筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)