• 本

武術の身体論 同調と競争が交錯する場

出版社名 青弓社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-7872-3455-1
4-7872-3455-2
税込価格 3,240円
頁数・縦 224P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

武術では互いに呼吸や動きを合わせて立ち合い(同調)、力と技をぶつけ合う(競争)。それら同調と競争とを二重に備える身体の潜在的なはたらきと、その二重性をどうやって利用すれば自分に有利になるのか、を身体論はもちろんのこと、歴史的な指南書も参照しながら考察する。

目次

第1章 「同調」を取り入れた戦い方
第2章 剣術における「同調」と「競争」の戦略的展開
第3章 「水月移写」にみられる身体感覚の二重性―同型同調から応答同調への転換
第4章 柔術―身体的関係性を操作する
第5章 剣術における「精神修養」の目的化―剣道界の自己矛盾
終章 研究の要約と敷衍

著者紹介

西村 秀樹 (ニシムラ ヒデキ)  
1954年、愛媛県生まれ。九州大学大学院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)