• 本

楽しかったね、ありがとう

出版社名 幻冬舎
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-344-03476-1
4-344-03476-7
税込価格 1,430円
頁数・縦 192P 19cm

商品内容

要旨

愛すべき存在を介護し、見送ったあとに、心に残った想いとは。15歳の犬から25歳の猫まで、20人の飼い主を取材し、自らも14歳になる豆柴・センパイと9歳の保護猫・コウハイと暮らす著者が綴る、犬と猫と人の、それぞれの物語。

目次

寂しいけれど、悲しくはない―ジャム22歳・メス(雑種猫)
日常のひとつひとつが宝物―ワンダー17歳・オス/チャム15歳・オス(ともにジャックラッセルテリア)
最期の会話は肉球で―ミーシャ21歳・メス/ハービー20歳・オス(ともに雑種猫)
おもしろかったことを思い出して笑いたい―モンタ19歳・オス(ビーグル)
合わせるのでなく、合わせてもらうのでもなく―美香19歳・メス/省17歳・オス(ともに雑種猫)
その日まで、自分のペースで過ごして―さくら17歳・メス/まる19歳・メス(ともに雑種犬)
生と死は地続き。生きてきた一部に死がある―黄金19歳・メス(雑種猫)
「食べたい」は「生きたい」―クローバー19歳・オス(ミニチュアダックスフント)
猫は生きるためだけに生きている―うらん20歳・オス(雑種猫)
最期まで命を使いきった―ルビー18歳・メス(雑種犬)〔ほか〕

おすすめコメント

「寂しいけれど、悲しくはない」「綱渡りのような日々も愛おしい」「あえてさよならは言わずに」「お疲れさま、ありがとう」「先に行って、散歩しながら待ってて」 15歳の犬から25歳の猫まで、長生きして逝った動物たちと飼い主の日々。見送ったあとに、飼い主たちの心に残った想い。自らも14歳の柴犬・センパイと9歳の保護猫・コウハイと暮らす著者が綴る、犬と猫と人の、すばらしい物語。 犬や猫は人間の何倍もの速さで「生」を駆け抜けていきます。私たちにとって変わりばえのしない今日であっても、動物たちと過ごせる瞬間がいかに貴重で、今を精一杯いつくしむことがどれだけ大切か……。(はじめにより)

著者紹介

石黒 由紀子 (イシグロ ユキコ)  
エッセイスト。日々の暮らしや犬猫のことを中心に執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)