• 本

出身成分

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-04-108329-1
4-04-108329-X
税込価格 1,728円
頁数・縦 271P 20cm

商品内容

要旨

平壌郊外の保安署員クム・アンサノは11年前の殺人・強姦事件の再創査を命じられた。犯人として収容されている男にも会うが、杜撰で強引な捜査を再確認するだけだった。実はアンサノの父も収容中。医師で最上位階級である「核心階層」に属していたが、大物政治家の暗殺容疑で物証も自白もないまま収容されていた。再捜査に父への思いが重なり自国の体制に疑問を抱いたアンサノは、ついに真犯人らしき謎の男にたどり着くが…。鉄壁な国家が作り出す恐怖と個人の尊厳を緻密に描き出す、衝撃の社会派ミステリ長編。

出版社・メーカーコメント

史上初、平壌郊外での殺人事件を描くミステリ文芸!

「驚愕のラストシーンまで巻を措く能わずの傑作である。」 東えりか(書評家)「本の旅人」2019年7月号より 脱北者の証言に基づく―― 貴方が北朝鮮に生まれていたら、この物語は貴方の人生である この国に生を受けただけなのに、希望はどこにある―― 平壌郊外の保安署員クム・アンサノは11年前の殺人・強姦事件の再捜査を命じられた。犯人として収容されている男と面会し記録を検証するが、捜査の杜撰さと国家の横暴さを再認識するだけだった。実はアンサノの父は元医師。最上位階級である「核心階層」に属していたが、大物政治家の暗殺容疑をかけられ物証も自白もないまま収容されている。再捜査と父への思いが重なり、アンサノは自国の姿勢に疑問を抱き始める。そしてついに、真犯人につながる謎の男の存在にたどりつくが……。鉄壁な国家が作り出す恐怖と個人の尊厳を緻密に描き出す、衝撃の社会派ミステリ長編。

著者紹介

松岡 圭祐 (マツオカ ケイスケ)  
1968年、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。大藪春彦賞候補作「千里眼」シリーズは累計628万部超。「万能鑑定士Q」シリーズは2014年に映画化、ブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞、17年には吉川英治文庫賞候補作に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)