• 本

薄暮攻撃 復刻版

出版社名 ハート出版
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-8024-0082-4
4-8024-0082-9
税込価格 1,620円
頁数・縦 245P 19cm

商品内容

要旨

支那事変の最前線において新聞記者の目が見た、日本軍兵士たちの“真実の姿”。戦後GHQによって没収・廃棄(=焚書)となった名著『一等兵戦士』(昭和13年上期直木賞候補)その翌年に刊行されたもう一つの“傑作”従軍記。

目次

一等兵の微笑
愉快な兵九郎
一等兵の戦線
詩・戦線抒情
詩・野戦病院附近
詩・陸軍病院抄
子供の戦争
野戦病院まで
病院日記
跋(故橋本久雄君の書簡)

著者紹介

松村 益二 (マツムラ エキジ)  
大正2(1913)年、徳島市に生まれる。文化学院文学部卒業後、徳島日日新報社を経て、昭和11(1936)年、毎日新聞社に入社。昭和12(1937)年、支那事変に応召され、昭和13(1938)年、応召解除。同年10月には『一等兵戦死』が春秋社から刊行され、同書は昭和13年上期の直木賞候補となる。昭和19(1944)年、従軍記者としてビルマ戦線へ派遣、昭和21(1946)年に復員。その後は、徳島新聞社編集局長、徳島日本ポルトガル協会理事、四国放送代表取締役社長などを歴任。昭和59(1984)年、腎不全のため逝去。享年70(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)