• 本

相続税重要計算ハンドブック 令和元年度版

出版社名 中央経済社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-502-81142-5
4-502-81142-4
税込価格 2,200円
頁数・縦 227P 21cm
シリーズ名 相続税重要計算ハンドブック

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

個人版事業承継税制や配偶者居住権等の令和元年度(平成31年度)改正をふまえた最新版。相続・贈与の税額計算の仕組みと要点が設例でわかる。確定申告までの流れに沿って間違えやすい項目を解説。

目次

1 相続税(納税義務者と課税財産
非課税財産 ほか)
2 贈与税(納税義務者と課税財産
贈与によって取得したものとみなされるもの ほか)
3 財産の評価(土地の評価
配偶者居住権の評価 ほか)
4 事業承継税制(農地等に係る相続税・贈与税の納税猶予
非上場株式等についての贈与税・相続税の納税猶予の一般制度及び特例制度 ほか)

著者紹介

武藤 健造 (ムトウ ケンゾウ)  
昭和27年茨城県生まれ。大蔵省主税局税制第一課税制専門官(所得税法担当)、同税制第三課課長補佐(相続税法担当)、同総務課主税調査官(資産課税担当)、藤岡税務署長(群馬県)、関東信越国税局課税第一部審理官、同調査査察部調査部門統括官、同課税第二部消費税課長、下館税務署長(茨城県)、関東信越国税局総務部企画課長、同課税第一部個人課税課長、課税総括課長、同徴収部次長の勤務を経て、関東信越国税局課税第一部部長を最後に退職、現在、税理士事務所を開設(関東信越税理士会竜ケ崎支部所属)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)