• 本

中国をつくった12人の悪党たち

PHP新書 1192

出版社名 PHP研究所
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-569-84347-6
4-569-84347-6
税込価格 972円
頁数・縦 285P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

この国の人民は呪われているのか―。西洋が「罪の文化」、日本が「恥の文化」ならば、中国は「欲の文化」だ。中国史を創出してきた最大の原動力は、欲と権力だった。四千年前から天下国家と万民は「権力の僕」であり、この国の民たちは、権力闘争の犠牲となる運命から一度も逃れることができない。21世紀になった現在も始皇帝の負の遺産が受け継がれ、毛沢東の幽霊が漂う。悪をめぐる構造は依然、生き延びているのだ。蘇秦から毛沢東、周恩来まで、中国史を形づくる悪党12人を取り上げ、「英雄」の正体と陰謀の数々を解き明かす。

目次

第1章 蘇秦―中国流外交術の原点をなす稀代の策士
第2章 李斯と趙高―利口な愚か者たち
第3章 劉邦と項羽―無頼漢と貴族的英雄の対決
第4章 王莽―漢帝国を乗っ取った史上最大の偽善家
第5章 曹操と孔明―陽気な現実主義者と陰気な精神主義者
第6章 則天武后―男たちの権力秩序を覆した天下の「悪女」
第7章 袁世凱―私利私欲のみに動く「裏切り専門男」
第8章 毛沢東と周恩来―中国史上最大の暴君とその忠実な僕
むすびに代えて

おすすめコメント

蘇秦から毛沢東・周恩来まで、12人の「英雄の正体」を中国研究の泰斗があばき、中国流の外交戦略の原点を探る。

著者紹介

石 平 (セキ ヘイ)  
1962年、中国四川省成都生まれ。北京大学哲学部卒業。四川大学哲学部講師を経て、1988年に来日。1995年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。民間研究機関に勤務ののち、評論活動へ。2007年、日本に帰化する。著書に『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(PHP新書、第23回山本七平賞受賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)