• 本

茂山逸平風姿和伝 ぺぺの狂言はじめの一歩

出版社名 春陽堂書店
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-394-90354-3
4-394-90354-8
税込価格 2,160円
頁数・縦 167P 21cm

商品内容

目次

其の1 大蔵流“茂山千五郎家”お豆腐狂言
其の2 「HANAGATA」の5人が語る、狂言のこれから
其の3 子ども狂言師 慶和誕生
其の4 猿からはじまる
其の5 子どもの反逆
其の6 太郎冠者と狂言的世界
其の7 わわしい女たち
其の8 狂言師の難関『釣狐』
其の9 逸平のライフワーク 逸青会
其の10 狂言こそ、同時代のエンターテイメント
特別コラム 答えなき永遠のエンターテイメント(茂山逸平)

おすすめコメント

大蔵流<茂山千五郎家>狂言師・茂山逸平が「日本で一番古い、笑いのお芝居」を、現代で楽しむためのルールを解説。当代狂言師たちが語る「狂言のこれから」と逸平・慶和親子の関係性から、伝統芸能の継承に触れる。室町時代から受け継がれる「和らい」の入門書。 【演目解説】・以呂波・靭猿・居杭・花子・釣狐

著者紹介

茂山 逸平 (シゲヤマ イッペイ)  
能楽師大蔵流狂言方。1979年京都生まれ。曾祖父故三世茂山千作、祖父四世茂山千作、父二世茂山七五三に師事。甥と姪が生まれたときに、ペペと呼ばれたので、茂山家では以降ペペと呼ばれるようになった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)