• 本

1週間に1つずつ心がバテない食薬習慣

出版社名 ディスカヴァー・トゥエンティワン
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-7993-2482-0
4-7993-2482-9
税込価格 1,650円
頁数・縦 253P 21cm

商品内容

要旨

腸活×漢方×栄養学で今週食べるものがわかる。春夏秋冬、心を守る「食薬プログラム」。

目次

序章 なぜ、心はバテるの?
1月 冬―光をあびて、心のスイッチオン
2月 冬―副腎をいたわり心をしずめる
3月 冬から春へ―肝臓とともに、心を強くする
4月 春―「鉄」で繊細な心を強化
5月 春―不安定な心に「スパイス」をチョイス
6月 春から夏へ(長夏)―執着しているものをやめて、心の負担を解放
7月 夏(長夏)―熱を冷まし、心のエネルギーを満タンに
8月 夏(長夏)―強い紫外線による「サビ」からオイルで心を守る
9月 夏から秋へ(長夏)―乾いた心と腸にうるおいをチャージ
10月 秋―ストレスで消耗した心にミネラルを補充
11月 秋―調味料を見直して、加工食品と共に心をデトックス
12月 秋から冬へ―おなかを温めて「消化」と「心」をささえる

著者紹介

大久保 愛 (オオクボ アイ)  
薬剤師、国際中医師、国際中医美容師、漢方カウンセラー。アイカ製薬株式会社代表取締役、株式会社漢方生薬研究所開発責任者、一般社団法人腸内細菌検査協会理事、株式会社東進メディカルアドバイザー。秋田県出身。昭和大学薬学部生薬学・植物薬品化学研究室卒業。薬剤師となり、北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び、日本人ではじめて国際中医美容師資格を取得。漢方薬局、調剤薬局、エステなどの経営を経て、漢方・薬膳を始め医療と美容の専門家として商品開発・ライティング・企業コンサルティングなどに携わる。漢方カウンセラーとして年間2000人以上の女性の悩みに応えてきた実績を持つ。現在も「東洋食薬ライセンス:食薬マイスター」「漢方生薬研究所」等を監修。さまざまな記事も連載中である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)