• 本

要点解説令和時代の相続法

出版社名 現代書林
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-7745-1791-9
4-7745-1791-7
税込価格 1,430円
頁数・縦 223P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

令和元年7月施行改正相続法に対応。条文&要点解説&詳しい補説で改正相続法の要点と全体像を一望。条文の改正箇所は見やすい別色表示に。特筆コラム「改正法は、日弁連の遺言執行者観を完全否定」を収録。

目次

第1章 総則
第2章 相続人
第3章 相続の効力
第4章 相続の承認及び放棄
第5章 財産分離
第6章 相続人の不存在
第7章 遺言
第8章 配偶者の居住の権利
第9章 遺留分
第10章 特別の寄与

出版社・メーカーコメント

"令和元年7月施行の改正相続法の 要点と全体像を、なるべく簡潔に ご理解いただくための一冊です。 条文&要点解説&詳しい補説で 改正相続法の要点と全体像を一望でき、 条文の改正箇所は見やすい別色表示でまとめています。 特筆コラムとして 「改正法は、日弁連の遺言執行者観を完全否定」を収録。 専門家から一般の方まで、広くお役に立てれば幸いです。"

著者紹介

菊池 捷男 (キクチ トシオ)  
弁護士。弁護士法人菊池綜合法律事務所代表社員。経歴:岡山弁護士会会長、日本弁護士連合会常務理事、岡山家庭裁判所調停委員、国立大学法人岡山大学法科大学院講師(民事再生法)、岡山県収用委員会会長(苫田ダム収用裁決)、岡山県有識者会議委員、岡山市包括外部監査人(2回)、岡山市入札外部審査委員会委員長、岡山市行財政改革大綱検討委員会委員、会社更生法更生管財人(2回)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)