• 本

日本企業における失敗の研究 ダイナミック戦略論による薄型TVウォーズの敗因分析

出版社名 有斐閣
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-641-16546-5
4-641-16546-7
税込価格 4,620円
頁数・縦 341P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

なぜ日本企業は負けるのか。当時の状況とその変化への戦略対応過程をドキュメンタリー・タッチでとらえ、家電産業における日本企業の敗因を探究。「ダイナミック戦略能力」と「コーポレート・ガバナンス」の欠如を敗因と認定し、今後のIoT/AI時代への処方箋も提示する渾身作。

目次

なぜ日本企業は負けるのか
第1部 戦いの経過(薄型TVの開発と1990年代のTV業界
フェイズ1:1990年代
フェイズ2:2000〜03年
フェイズ3:2004〜05年 ほか)
第2部 敗因の分析(シャープの敗因
パナソニックの敗因
ソニーの敗因
日立の敗因 ほか)
IoT/AI時代を生き抜くために
補論 東芝とパイオニアの敗因

著者紹介

河合 忠彦 (カワイ タダヒコ)  
1967年、東京大学経済学部卒業。1971年、東京大学大学院経営学研究科修士課程修了。1986年、カリフォルニア大学(バークレー校)経営大学院博士課程修了(Ph.D.)。学習院大学経済学部教授、筑波大学社会工学系教授、中央大学大学院戦略経営研究科教授などを経て、筑波大学名誉教授。専攻:経営戦略論、経営組織論、リーダーシップ論、企業と社会論、企業行動論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)