• 本

在米被爆者

出版社名 潮出版社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-267-02190-9
4-267-02190-2
税込価格 1,540円
頁数・縦 219P 19cm

商品内容

要旨

彼らはなぜ広島で被爆し、戦後、太平洋を渡ったのか。米国に暮らす被爆者たちが今、未来に伝える葛藤と希望の「戦後」。第六回「潮ノンフィクション賞」(二〇一八年度)受賞作「トルーマン大統領の国に生きて―在米被爆者の軌跡」を加筆・修正。

目次

第1章 闘ってきた
第2章 病に思う
第3章 白人社会の中で
第4章 薄い記憶
第5章 伝える

著者紹介

松前 陽子 (マツマエ ヨウコ)  
香川県生まれ。関西大学法学部卒業。京都大学大学院法学研究科修士課程を修了後、1996年、黒田ジャーナルに入社。その後、西日本新聞社などの日刊紙で約15年間、記者として、警察や司法、行政、経済を担当した。フルブライト奨学金(ジャーナリストプログラム)を得て、2011年から1年間、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で客員研究員。15年に米国ロサンゼルスへ移住し、18年、「トルーマン大統領の国に生きて―在米被爆者の軌跡」(単行本化に際し『在米被爆者』に改題)で第6回潮ノンフィクション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)