• 本

「言葉」で読み解く平成政治史

出版社名 千倉書房
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-8051-1178-9
4-8051-1178-X
税込価格 1,760円
頁数・縦 204P 19cm

商品内容

要旨

政治は「言葉」で動き出す。言葉を通して影響し合う政治とメディアと世論の関係とは?ユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされた言葉を紐解き、平成から令和へと続く日本政治の流れを捉え直す最新論考。

目次

第1章 マスメディア時代の「政治」と「言葉」―劇場型政治完成前夜の緊張関係(「NO」と言える日本/セクシャル・ハラスメント
“ブッシュ”ホン ほか)
第2章 劇場型政治とカリスマ―小泉「ワンフレーズ・ポリティクス」の影響力(IT革命
「官」対「民」 ほか)
第3章 過渡期のネット政治とマーケティング戦略―政権交代を彩った「言葉」たち(政権交代
事業仕分け ほか)
第4章 非言語化する政治情報と迷走するメディアの存在意義―安倍一強時代の戦略的言語(アベノミクス
特定秘密保護法 ほか)
第5章 対談 松井剛×西田亮介―マーケティング化する政治と「言葉政治」の行く末

著者紹介

西田 亮介 (ニシダ リョウスケ)  
1983年京都生まれ。社会学者。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。博士(政策・メディア)。慶應義塾大学総合政策部卒業。同大学院政策・メディア研究科修士課程修了。同後期博士課程単位取得退学。(独)中小企業基盤整備機構経営支援情報センターリサーチャー、立命館大学大学院特別招聘准教授などを経て現職。『メディアと自民党』(角川新書/2015年/社会情報学会2016年優秀文献賞受賞)など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)