• 本

青い海の宇宙港 秋冬篇

ハヤカワ文庫 JA 1385

出版社名 早川書房
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-15-031385-2
4-15-031385-7
税込価格 902円
頁数・縦 430P 16cm
シリーズ名 青い海の宇宙港

商品内容

要旨

島原産の黒糖を燃料にしたキャンディロケットの打ち上げに成功した駆たちは、もっと遠く、宇宙のかなたまで届くロケットを打ち上げたいと思うようになる。そんな駆たちの思惑は島に波乱を呼びながらも、里親や日本宇宙機関職員など、頑なだった周りの大人たちの心を動かしていき…。はたして、島のみんなの想いを乗せたロケットは飛び立つのか?絆と情熱に満ちた青春宇宙小説、いよいよリフトオフ!

著者紹介

川端 裕人 (カワバタ ヒロト)  
1964年兵庫県明石市生まれ。千葉県千葉市育ち。東京大学教養学部卒。日本テレビ入社後、科学技術庁、気象庁などの担当記者を経て、1997年退社。1998年『夏のロケット』で小説家デビュー。2000年『動物園にできること』で第31回大宅壮一ノンフイクション賞候補。2004年『せちやん 星を聴く人』で第25回吉川英治文学新人賞候補。2018年『我々はなぜ我々だけなのか アジアから消えた多様な「人類」たち』で第34回講談社科学出版賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)