• 本

ある「BC級戦犯」の手記

出版社名 中央公論新社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-12-005215-6
4-12-005215-X
税込価格 2,160円
頁数・縦 365P 20cm

おすすめコメント

元陸軍主計大尉・冬至堅太郎は、米軍飛行士捕虜の処刑に加わったとして、いわゆる「BC級戦犯」となった。1946年8月、巣鴨プリズン入所。48年12月、絞首刑判決。50年7月、終身刑に減刑され、56年7月に出所。その冬至が46年8月から52年10月まで6年間にわたって獄中で綴った日記が、2018年5月に福岡市で発見され、テレビニュースでも報道された。この約3000頁に及ぶ膨大な日記のほか、獄中における思索の歩みを端正な文章でまとめた「苦闘記」には、遺される家族への断ちがたい恩愛の情、仏典や聖書に救いを求める宗教的煩悶が綴られており、惻々と胸に迫る。また刑の執行を申し渡され、別れを告げながら刑場へ向かう仲間の姿、来週は自分の番かとおののく死刑囚たちの心情の描写は、極限状況下におかれた人間の赤裸々な真実を伝えている。とりわけ、冬至が獄中で出会った岡田資・元陸軍中将たちとの交流、「巣鴨の父」と呼ばれた教誨師・田嶋隆純氏への敬慕の情は、本書のクライマックスであろう。本書には「苦闘記」と日記(抄録)、獄中時代の短歌・俳句、版画のほか、出所後に記された随筆2篇を収録し、巻頭に宗教学者の山折哲雄氏が解説を付す。戦争の不条理と悲惨さを伝える貴重な記録である。