• 本

12万円で世界を歩くリターンズ 赤道・ヒマラヤ・アメリカ・バングラデシュ編

朝日文庫 し19−14

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-02-261976-1
4-02-261976-7
税込価格 770円
頁数・縦 301P 15cm

商品内容

要旨

赤道越え、ヒマラヤトレッキング、バスでアメリカ一周…80年代に1回12万円の予算でビンボー旅行に出かけ、『12万円で世界を歩く』で鮮烈デビューした著者が、同じルートに再び挑戦する。あれから30年、旅は、世界は、どう変わったか。自身の原点を見つめる旅へ。

目次

第1章 赤道編
第2章 ヒマラヤ編
第3章 アメリカ編
第4章 12万円でバングラデシュに暮らす

おすすめコメント

あれから30年。あの過酷な旅、再び!! インドネシアで赤道越え、ヒマラヤ・トレッキング、バスでアメリカ一周……80年代に1回12万円の予算でビンボー旅行に出かけ、『12万円で世界を歩く』で鮮烈デビューした著者が、同じルートに再び挑戦する。LCCは全盛期を迎えたが、世界の物価は大幅に上昇し、交通手段が消えてしまった場所もある。だが最大の問題は体力か!?

著者紹介

下川 裕治 (シモカワ ユウジ)  
1954年長野県生まれ。旅行作家。慶應義塾大学を卒業後、新聞社勤務を経て独立。90年、『12万円で世界を歩く』でデビュー。以後、おもにアジア、沖縄をフィールドに、バックパッカースタイルでの旅を書き続けている
阿部 稔哉 (アベ トシヤ)  
1965年岩手県生まれ。フォトグラファー。東京綜合写真専門学校卒業後、「週刊朝日」嘱託カメラマンを経てフリーに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)