• 本

TCP技術入門 進化を続ける基本プロトコル

WEB+DB PRESS plusシリーズ

出版社名 技術評論社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-297-10623-2
4-297-10623-X
税込価格 2,948円
頁数・縦 262P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

本書は、近年幅広い関心を集めているTCPにスポットを当て、長く役立つ基本と先端の研究動向を解説する入門書です。本書は「TCPの基礎」「輻輳制御」「最新動向」の三部構成。序盤ではコンピューターネットワークの基本、TCPの登場に至った歴史的経緯、TCPのプロトコル設計について説明します。中盤ではトラフィックが増え続けるなか、とくに重要な機能と言えるTCPの「輻輳制御」を取り上げます。その考え方と歴代の輻輳制御アルゴリズムを押さえた後、注目度が高まっているCUBICとBBRについてシミュレーションを交えて解説します。終盤では最新動向として、SG、自動運転、IoT、クラウド/データセンターなどの例を紹介します。

目次

第1章 TCP入門―通信の信頼性を保証する
第2章 TCP/IPの変遷―インターネットの普及とともに、進化するプロトコル
第3章 「図解で見えてくる」TCPとデータ転送―信頼性と効率の両立へ向けて
第4章 「押さえておきたい」プログラマーのための輻輳制御アルゴリズム―増え続ける通信量とネットワークの動き
第5章 CUBIC―3次関数でシンプルに問題解決する
第6章 BBR―スループットとRTTをモニタリングして、データ送出量を調節
第7章 TCPの最新動向―アプリケーションや通信環境が変われば、TCPも変わる

おすすめコメント

5G(第5世代移動通信)、IoT(Internet of Things)、自動運転をはじめ、ネットワークを取り巻く状況やサービスは大きな進化を遂げつつあります。通信の高速化、端末の爆発的な増加をはじめ、急激な変化のなか、通信の信頼性を担うTCPの存在感が増してきました。本書では、TCPの「今」に主眼を置き、TCP/IPの基礎からTCPの主要機能、歴史、最近のLinuxで主要なアルゴリズムCUBIC、BBR、そして各種応用技術の最新動向まで平易に解説。合わせて、いまや欠かせない無線通信を想定している点も特徴です。押さえておきたいツールWiresharkやns−3による解析やシミュレーションの基本も丁寧にカバー。広く初学者の方々に向けて具体例を豊富に盛り込み、「現場で役立つ」を技術基礎を平易に解き明かしていきます。

著者紹介

安永 遼真 (ヤスナガ リョウマ)  
2011年東京大学工学部卒業、2013年東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻修了、同年日本電信電話株式会社入社、2016年Nokia Bell Labs出向。おもにコンピューターネットワークの数理モデル化に関する研究に従事。2018年より都内マーケティング会社に勤務。現在は機械学習・統計解析を用いたマーケティング技術の研究に従事する
中山 悠 (ナカヤマ ユウ)  
2006年東京大学農学部卒業、2008年東京大学大学院新領域創成科学研究科自然環境学専攻修了、同年日本電信電話株式会社入社。2018年東京大学大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻博士課程修了。博士(情報理工学)。現在、東京農工大学工学研究院・准教授。モバイルコンピューティング、低遅延ネットワーク、IoT等の研究に取り組む。平成29年度東京大学大学院情報理工学系研究科長賞等
丸田 一輝 (マルタ カズキ)  
2006年九州大学工学部卒業、2008年九州大学大学院システム情報科学府知能システム学専攻修了、同年日本電信電話株式会社入社。2016年九州大学大学院システム情報科学府情報知能工学専攻博士後期課程修了。博士(工学)。2017年3月より千葉大学大学院工学研究院・助教。無線ネットワークにおける干渉低減技術の研究に従事。2017年度電子情報通信学会論文賞、RCS研究会最優秀貢献賞等(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)