• 本

テニアン 太平洋から日本を見つめ続ける島

出版社名 あけび書房
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-87154-168-8
4-87154-168-1
税込価格 1,980円
頁数・縦 254P 19cm

商品内容

目次

1 チャモロの島、列強の島
2 南に向かった日本人
3 開墾、日本人の島
4 懐かしき日々
5 そして、全を失った
6 米軍の島、「小さな戦後」
7 原爆基地の島、再びチャモロらの島

著者紹介

吉永 直登 (ヨシナガ ナオト)  
1963年生まれ。千葉県出身。上智大学法学部卒。NHK勤務(山形放送局)を経て1991年、共同通信社入社。甲府、神戸、横浜、さいたま、名古屋の各支社局と本社に赴任。神戸支局勤務時に阪神大震災が発生。震災、復興が大きな取材テーマになる。本社では環境省や農林水産省などを担当。環境問題、地球温暖化対策の取材に力を入れた。映像担当部署のデスクも務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)