• 本

全国民が読んだら歴史が変わる奇跡の経済教室 戦略編

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-584-13906-6
4-584-13906-7
税込価格 1,870円
頁数・縦 354P 19cm
シリーズ名 目からウロコが落ちる奇跡の経済教室

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

経済学者・官僚がこっそり読んだ『奇跡の経済教室』待望の第2弾。世界で起きている変化、日本がとるべき戦略が面白いほど見えてくる!全米騒然・日本上陸のMMT(現代貨幣理論)がよく分かる特別付録つき。

目次

基礎知識のまとめ
二つの成長戦略
「ムチ型」成長戦略の帰結
富を増やす二つのやり方
レント・シーキング活動
大失敗した行政改革
諸悪の根源
エリートたちの勘違い
なぜエリートたちは考え方を変えられないのか
なぜ保守派は、新自由主義が好きなのか
なぜリベラル派は嫌われるのか
世界を読み解く新たな座標軸
滅びゆく民主主義
歴史の大問題

おすすめコメント

7月参院選で争点の一つになると考えられる「MMT」論争。今回の第2弾ではMMTという理論を頭に入れて、平成からいまだに続くデフレ不況、本当の景気回復をしていくのかの具体的な提案を分かりやすく解説します。第一弾『目からウロコが落ちる奇跡の経済教室【基礎知識編】』を読んだ人はもちろん、読んでいない人にも分かりやすい内容にします。

著者紹介

中野 剛志 (ナカノ タケシ)  
1971年、神奈川県生まれ。評論家。元京都大学大学院工学研究科准教授。専門は政治思想。96年、東京大学教養学部(国際関係論)卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。2000年よりエディンバラ大学大学院に留学し、政治思想を専攻。01年に同大学院にて優等修士号、05年に博士号を取得。論文“Theorising Economic Nationalism”(Nations and Nationalism)でNations and Nationalism Prizeを受賞。主な著書に『日本思想史新論』(ちくま新書、山本七平賞奨励賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)