• 本

愛してるって言えなくたって

出版社名 祥伝社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-396-63567-1
4-396-63567-2
税込価格 1,512円
頁数・縦 275P 19cm

商品内容

要旨

ビール販売会社で営業課長を務める門倉の部署に二十八歳の加瀬夏生が中途入社で配属された。なぜか加瀬が気になりいつも彼のことを考えてしまう門倉だったが、ある日会社帰りに、加瀬に遭遇、一緒に酒を飲むことに。しかし、目の前で眠り始めた加瀬に、門倉は予想もしなかった行動に出てしまう!これ以降、加瀬に馴れ馴れしくする取引先に嫉妬するなど、徐々に加瀬への気持ちが「特別なもの」であることに気づいていく門倉。そんな中、出張で同じ部屋に泊まることとなり…。

出版社・メーカーコメント

四十歳妻子持ち、門倉課長、新入(しんいり)男子に 不惑の恋わずらい!? なんだろう、この気持ちは……。 『年下の男の子』の著者が描く、中年男子の第二思春期 平凡な毎日だった。 あいつが同じ部署にやってくるまでは。 ビール販売会社で営業課長を務める門倉(かどくら)の部署に二十八歳の加瀬夏生(かせなつお)が 中途入社で配属された。なぜか加瀬が気になりいつも彼のことを考えてしまう門倉だったが、ある日 会社帰りに、加瀬に遭遇、一緒に酒を飲むことに。しかし、目の前で眠り始めた加瀬に、門倉は 予想もしなかった行動に出てしまう! これ以降、加瀬に馴れ馴れしくする取引先に嫉妬するなど、徐々に加瀬への気持ちが 「特別なもの」であることに気づいていく門倉。 そんな中、出張で同じ部屋に泊まることとなり……

著者紹介

五十嵐 貴久 (イガラシ タカヒサ)  
1961年東京都生まれ。2001年『リカ』で第二回ホラーサスペンス大賞を受賞しデビュー。警察小説や青春小説、時代小説から恋愛小説まで幅広くエンターテインメント小説を手掛ける。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)