• 本

支配の構造 国家とメディア−世論はいかに操られるか

SB新書 481

出版社名 SBクリエイティブ
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-7973-9885-4
4-7973-9885-X
税込価格 935円
頁数・縦 242P 18cm

商品内容

要旨

名著を通じて現代メディアに蔓延する問題に迫った『100分deメディア論』(NHK Eテレ)。出演者は高橋源一郎、大澤真幸、中島岳志、堤未果。放送は大きな反響を巻き起こした―しかし放送から一年。メディアを取り巻く状況はさらに深刻の度を増している。まだ語るべきことがあるのではないか。その想いから再結集した四人は新たな「名著」をもとに、現代メディアと日本の危機を徹底討論!

目次

第1章 政治権力とメディア―ハルバースタム『メディアの権力』(堤未果)(人間を通して事実を見る
単純化と視聴率主義への警鐘 ほか)
第2章 民意の暴走は止められるか―トクヴィル『アメリカのデモクラシー』(中島岳志)(政治を学ぶ人の必読書
「中間共同体」の必要性 ほか)
第3章 ナショナリズムの取り扱い方―ベネディクト・アンダーソン『想像の共同体』(大澤真幸)(ナショナリズム研究の古典中の古典
そもそも「ネーション」とは何か? ほか)
第4章 「本を燃やす」のは誰か―ブラッドベリ『華氏451度』(高橋源一郎)(ノスタルジックなSF作家の衝撃作
本を焼き払うファイアマン―第1部 炉と火竜 ほか)
終章 メディアの生きる道(文化には「分かりにくさ」が不可欠
「忖度」の構造に取り込まれるな ほか)

おすすめコメント

政府の文書改ざんやフェイクニュース問題、左右の分断が問題になる中、名著(古典)をつうじて「メディア論」を論じた「神会」。ネットも含めてたいへんな話題となり、再放送の要望も殺到。優秀番組に贈られる「ギャラクシー賞」も受賞しました。そこで本書は、テキストブック化とは別に、同じ論客に再集結してもらい、さらに日本の危機を深めてもらう1冊。私たちがいかにステレオタイプの色眼鏡で物事を見ているか、を痛感し、メディア・政権・私たちがいかにあるべきかを考える1冊を目指す。

著者紹介

堤 未果 (ツツミ ミカ)  
国際ジャーナリスト。東京都生まれ。ニューヨーク州立大学国際関係論学科卒業、ニューヨーク市立大学大学院国際関係論学科修士号。国連、米国野村証券を経て、米国の政治、経済、医療、教育、農政、公共政策、エネルギーなどをテーマに現場取材と公文書による調査報道で活躍中。講演、各種メディアに出演。多数の著書は海外でも翻訳されている。『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』で日本ジャーナリスト会議黒田清新人賞。『ルポ・貧困大国アメリカ』(三部作)で新書大賞2009、日本エッセイストクラブ賞
中島 岳志 (ナカジマ タケシ)  
1975年大阪生まれ。大阪外国語大学卒業。京都大学大学院博士課程修了。北海道大学大学院准教授を経て、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。専攻は南アジア地域研究、近代日本政治思想。2005年『中村屋のボース インド独立運動と近代日本のアジア主義』で大佛次郎論壇賞を受賞
大澤 真幸 (オオサワ マサチ)  
社会学者。1958年、長野県松本市生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。社会学博士。千葉大学文学部助教授、京都大学大学院人間・環境学研究科教授を歴任。専門は理論社会学。2007年『ナショナリズムの由来』で毎日出版文化賞を受賞。2015年『自由という牢獄―責任・公共性・資本主義』で河合隼雄学芸賞を受賞
高橋 源一郎 (タカハシ ゲンイチロウ)  
作家。1951年生まれ。1981年『さようなら、ギャングたち』で第4回群像新人長篇小説賞優秀作受賞。1988年『優雅で感傷的な日本野球』で第1回三島由紀夫賞受賞。2002年『日本文学盛衰史』で第13回伊藤整文学賞受賞。2012年『さよならクリストファー・ロビン』で第48回谷崎潤一郎賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)