• 本

孤独こそ最高の老後

SB新書 482

出版社名 SBクリエイティブ
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-8156-0147-8
4-8156-0147-X
税込価格 913円
頁数・縦 199P 18cm

商品内容

要旨

老後は孤独だと不安になりますか?健康や病気、お金、人付き合い、人間関係、生きがい、終活などで。確かに、配偶者や子どもが近くにいれば、安心できるかもしれない。でも、周囲に人がいるからこその不自由さや拘束もある。実は孤独こそが、至福の老後を約束する。著者は70歳を超えた今までずっと独身であると同時に、これまで1000人以上の孤独老人を見てきた上で、そう確信するに至った。そこで本書では、孤独をうまく味方に付け、老後を幸福にする方法を、誰でも実践できるかたちで提言する。

目次

第1章 孤独を避けようとするほど不幸になる
第2章 孤独なほうが、むしろ老後は幸せになれる
第3章 孤独なほうが健康対策もうまくいく
第4章 老後資金は、自分ひとりが楽しめる小遣いさえあれば十分
第5章 人間関係も生きがいも、孤独ベースのほうがうまくいく
第6章 死に支度こそ、孤独なほうが進めやすい

おすすめコメント

孤独を逃れようとするほど老後は不幸になる 老後は孤独だと不安になりますか? 健康(病気)、お金、人付き合い、人間関係、生きがい、終活などで。 確かに、配偶者や子どもが近くにいれば、安心感があるかもしれません。 でも、周囲に人がいるからこその不自由さや拘束があるのも否めません。 実は、孤独こそが、至福の老後を約束します。 何も驚かそうとして、そんなことを言っているわけではありません。   著者の松原氏は、1000人以上の孤独老人を見てきた人物。 机上の理論、1人の人間の偏った意見ではなく、実例を踏まえたうえで客観性が高く明快な提言ができる稀有な人物です。そんな松原氏が、孤独をうまく味方につけ、老後を幸福にする方法を提言します。 さらに、孤独から逃れようとすることによる弊害も紹介。 定年後の夫婦関係から、老人ホーム、後妻に至るまで、本当にあった悲劇をリアルに描きます。 ***************************   【第1章】孤独を避けうようとするほど、実は不幸になる ・定年後に妻に近づこうとする夫のほうが、夫婦仲を壊している ・養子縁組、後妻があなたの財産を狙っている ・孤独老人に引け目を感じるのは日本だけ   【第2章】孤独なほうがむしろ老後が幸せになる ・孤独でも、「健康」「お金」「人間関係」のどれも実は困らない ・孤独なほうが、「健康」「お金」「人間関係」をむしろ選べる分有利 ・誰かといたい時にだけ、誰かといればいい   【第3章】病気の心配は、孤独になっても変わらない。孤独なほうが、健康対策も自由できる ・認知症になっても大丈夫! オランダでは認知症ひとり暮らしがたくさんいるよ ・孤独を恐れる人ほど、ちょっとしたことで病院に行って仲間を見つけようとする ・医療を受けるにも、孤独なほうが選択肢は広がる   【第4章】老後資金は、自分1人が楽しめる小遣いさえあれば十分。 ・妻に資金援助しても、妻が1人で使うだけ。夫と時間は共有しない ・仕事をすれば、運動なんてしなくていい。しかも、お金がもらえる! ・月に3万ほどかせげば、楽しい老後生活ができる   【第5章】人間関係も生きがいも、孤独ベースのほうがうまくいく ・妻の趣味に付き添おうとする夫は、正直邪魔 ・夫婦別の趣味を持てば、会話がどんどん生まれる ・一人でできる趣味は、死別しても楽しく続けられる   【第6章】死に支度こそ、孤独なほうが進めやすい

著者紹介

松原 惇子 (マツバラ ジュンコ)  
ひとり女性の老後を応援する団体であるNPO法人「SSS(スリーエス)ネットワーク」代表理事。1947年、埼玉県生まれ。昭和女子大学卒業後、ニューヨーク市立クイーンズカレッジ大学院にてカウンセリングで修士課程修了。シンガーソングライターや映画製作の活動も行い、自らが孤独な老後を充実させていることを体現している。『女が家を買うとき』(現在・文春文庫)で作家デビュー。一貫して「ひとりの生き方」をテーマに執筆、講演活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)