• 本

お金の未来年表

SB新書 483

出版社名 SBクリエイティブ
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-8156-0188-1
4-8156-0188-7
税込価格 896円
頁数・縦 191P 18cm

商品内容

要旨

「キャッシュレス社会が到来する」「銀行が消滅する」「仮想通貨が決済通貨になる」。近年、このような声が、メディアを通じて盛んに飛び交っており、私たちの「お金」の未来について漠然とした不安を抱いている人が多い。本書では、世界ナンバーワンの投信評価機関であるモーニングスター日本法人社長を務め、世界をまたにかけて活躍する著者が、「キャッシュレス社会」を迎える日本で、これから私たちの「お金」に起こる「変化」を年表形式で解説する。

目次

第1章 “2020〜2024年”「完全キャッシュレス社会」の到来!(「キャッシュレス化」により私たちの生活はどう変わるのか?
銀行口座の手数料が年間1000円になる
コンビニが「QRコード」決済になる ほか)
第2章 “2025〜2030年”ブロックチェーンの急速な進化(ブロックチェーンがあらゆる分野で革命を起こす
仮想通貨で「国際送金」が当たり前になる
地方銀行が続々と「デジタル通貨」を発行 ほか)
第3章 “2031〜2035年”「デジタル通貨」時代の幕開け(デジタル社会が到来し、究極の単一市場が登場
「信用スコア」は多様化の時代へ
「個人のカルテ」はブロックチェーンで登録・管理 ほか)

おすすめコメント

世界の金融機関に広まる驚愕の未来予想図「キャッシュレス社会が到来する」「銀行が消滅する」「仮想通貨が決済通貨になる」 このような声がメディアを通じて飛び交っており、私たちの「お金」の未来について漠然とした不安を抱いている人も多い。本書では、世界ナンバーワンの投信評価機関であるモーニングスター日本法人社長で、SBIの役員を務める著者が、これから私たちの「お金」に起こる「変化」を年表形式で解説する。

著者紹介

朝倉 智也 (アサクラ トモヤ)  
モーニングスター株式会社代表取締役社長。1966年生まれ。1989年、慶應義塾大学文学部卒。銀行、証券会社にて資産運用助言業務に従事した後、1995年、米国イリノイ大学経営学修士号取得(MBA)。その後、ソフトバンク株式会社財務部にて資金調達・資金運用全般、子会社の設立および上場準備を担当。1998年、モーニングスター株式会社設立に参画、米国モーニングスターでの勤務を経て、2004年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)