• 本

特許権・進歩性判断基準の体系と判例理論

改訂版

現代産業選書 知的財産実務シリーズ

出版社名 経済産業調査会
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-8065-3042-8
4-8065-3042-5
税込価格 5,280円
頁数・縦 468P 21cm
シリーズ名 特許権・進歩性判断基準の体系と判例理論

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1章 「進歩性」概念の概要(発明に特許権が成立するために必要な条件
考案に実用新案権が成立するための条件
進歩性の有無を判断するプロセス)
第2章 「相違点に係る対象発明の構成」の抽出のための諸問題(対象発明の認定
引用例としての適格性
刊行物から認定することができる引用発明
審判及び訴訟の枠組みによる引用発明についての主張立証制限)
第3章 進歩性判断のありかた(「進歩性判断基準」と「対象発明が主引用発明と相違する態様」
「要件置換型」の「相違点に係る対象発明の構成」の容易想到性
「要件付加型」の「相違点に係る対象発明の構成」の容易想到性
「要件除去型」の「相違点に係る対象発明の構成」の容易想到性
「要件限定型」の「相違点に係る対象発明の構成」の容易想到性
引用発明と用途を異にする対象発明の容易想到性‐用途発明)
第4章 進歩性肯定事由(阻害要因
顕著な効果
商業的成功)
第5章 容易想到性の判断における諸問題(進歩性判断における周知技術の取り扱い
2段階の容易想到性の判断の過程を経る発明の進歩性―いわゆる「容易の容易」
選択発明)

著者紹介

永野 周志 (ナガノ チカシ)  
弁護士。1948年生まれ、1969年司法試験合格。九州大学法学部卒業。九州大学大学院法学研究院客員教授(1999年〜2002年)、株式会社産学連携機構九州取締役(九州大学TLO、2001年〜2002年)、名古屋商科大学経営情報学部非常勤講師(2006年〜2008年)、山口大学経済学部非常勤講師(2008年〜2012年)などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)