• 本

仙石線殺人事件

双葉文庫 に−01−89 十津川警部

出版社名 双葉社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-575-52238-9
4-575-52238-4
税込価格 662円
頁数・縦 251P 15cm

商品内容

要旨

青梅の精神科病院で殺人未遂事件が発生。その後、容疑者として浮上した男性が、松島海岸近くで遺体で発見された。殺人事件の捜査を進めていくと、東日本大震災で沈没し、海底から引き揚げられた豪華客船・グズマン二世号の客室から大量のプラチナが見つかった事件と繋がり、十津川警部はそこに潜む闇資金の謎を追う。

おすすめコメント

青梅の精神科病院で殺人未遂事件が発生した。被害者は入院患者の千石典子。容疑者として浮上した男性が、松島海岸近くで遺体で発見された。殺人事件の捜査を進めていくと、東日本大震災で沈没し、海底から引き揚げられたグスマン二世号の客室から発見された大量のプラチナ事件と?がり、十津川警部はそこに潜む闇資金の謎を追う。

著者紹介

西村 京太郎 (ニシムラ キョウタロウ)  
1930年東京生まれ。62年、双葉新人賞に『病める心』で入選。65年、『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。78年、十津川警部を主人公にした鉄道ものを刊行。折からの鉄道ブームとも相まって空前のトラベル・ミステリー・ブームを作り出した。81年には『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞に輝く。2004年、第8回ミステリー文学大賞を受賞。10年、第45回長谷川伸賞、19年、第4回吉川英治文庫賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)