• 本

マルチクラウド時代のリスクマネジメント入門

SHOEISHA DIGITAL FIRST

出版社名 翔泳社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-7981-6297-3
4-7981-6297-3
税込価格 2,160円
頁数・縦 95P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

目次

第1章 クラウド登場から10余年、日本企業のクラウド導入状況はどうなっている?
第2章 いまだ払拭しきれないクラウドに抱く“不安の正体”とは?
第3章 その責任はクラウドサービスベンダー側?それとも企業側?クラウドサービスの「責任分界点」を改めて整理してみよう
第4章 その契約内容で本当に大丈夫ですか?導入企業が必ず注意しておきたいクラウドサービス契約上のポイント
第5章 GDPR、個人情報保護法…クラウドサービスを取り巻く国内外の法規制とリスク対応
第6章 対岸の火事ではない!クラウドサービス利用で起こりうる事故とは?
第7章 クラウドのメリットを最大限に活かすための留意点
第8章 障害対応の長期化、セキュリティ、サービス管理の複雑化…マルチクラウド環境で想定されるリスクへの対応法
第9章 経営層から「クラウドで大丈夫か?」と聞かれたらどう答えるべき?
第10章 クラウドを利用しないことがリスクになる時代!リスクを正しく理解し、積極的に使いこなす