• 本

国家を食べる

新潮新書 823

出版社名 新潮社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-10-610823-5
4-10-610823-2
税込価格 858円
頁数・縦 236P 18cm

商品内容

要旨

戦場で、紛争地で、食べたのは「国家」と「文明」だった。伝説のジャーナリストによる極限のノンフィクション。

目次

世界一うまい羊肉―イラク
チグリス川の鯉―イラク
羊ひっくり返しご飯―パレスチナ
カラシニコフ氏の冷凍ピロシキ―ロシア
昼食はパパイヤだけです―ソマリア
エクソダスと血詰めソーセージ―南アフリカ・オーストラリア
ブドウの葉ご飯と王様―ヨルダン
モロヘイヤ・スープはウサギに限る―エジプト
スパゲッティマカロニ豆ライス!―エジプト
インジェラは辛くてつらい―エチオピア
砂漠の中のクスクス―西サハラ
ベラルーシのリンゴ―ゴメリ市
断崖絶壁バーミヤンのナン―アフガニスタン
何がなくても覚醒葉っぱ―イエメン
最高のフーフー―ガーナ

著者紹介

松本 仁一 (マツモト ジンイチ)  
1942(昭和17)年、長野県生まれ。東京大学法学部卒業。68年朝日新聞入社。中東アフリカ総局長、編集委員等歴任。94年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。2007年退社(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)