• 本

翠玉姫演義 3

泥に咲く花

富士見L文庫 く−2−1−3

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-04-073251-0
4-04-073251-0
税込価格 734円
頁数・縦 238P 15cm
シリーズ名 翠玉姫演義

商品内容

要旨

極南を元海賊・緑旗幇の領土として認めさせた翠玉姫こと香月は、誰もがお腹いっぱいに食べられる国を造るため、政の勉強を始めた。一方、他国から商人も立ち寄り活気づく極南。発展は順調そうに見えたが、元誓帝母会の開墾地で翡翠が発見されたことをきっかけに、ひそかに燻っていた不満が爆発。香月は必死にソロバンを弾くが皆が得する答えを見つけられず、ついに反乱ののろしが上がってしまう。それも、あの人の手で…。守るべき利益は、国?それとも命?実家に売られ海賊に攫われた花嫁、最後の大逆転!!

おすすめコメント

守りたいのは夢か、国か、仲間か――。売られた花嫁、大逆転の最終幕!!極南に根を下ろし、弱者が虐げられることなく、餓えずに生きていける。そんな国造りを始めた香月。港は活気づき街は栄え、しかし火種はくすぶっていた。香月が信頼していたあの人の手で反乱ののろしが上がった……!

著者紹介

柊平 ハルモ (クイビラ ハルモ)  
第2回角川ルビー小説大賞ボーイズラブ部門読者賞を受賞後、作家としてデビュー。現在は小説を書く傍ら、シナリオライターとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)