• 本

老いる自分をゆるしてあげる。

出版社名 幻冬舎
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-344-03480-8
4-344-03480-5
税込価格 1,320円
頁数・縦 145P 21cm

商品内容

要旨

やりたいことやって、安心して齢とろうよ。怖がらない、拒否しない。50歳からの「自分」をうまく取り扱う。

目次

第1章 「齢をとる」ってどういうこと?(閉経しても生きているのは人間だけ
老化の全体像はわからない!? ほか)
第2章 骨も齢をとる(骨の中で起こっていること
骨の老化ってどういうこと? ほか)
第3章 筋肉も齢をとる(筋肉を衰えさせる一番の原因は?
筋肉を呼び覚ませ! ほか)
第4章 感情も齢をとる(涙もろくなるにはワケがある
齢をとると脳は活性化する!? ほか)
第5章 さぁ、50歳からの人生を作ろう!(ココロとカラダは一体
カラダからのサインを受け止めて ほか)

おすすめコメント

人間は誰でも平等に歳を取るもの。そう頭では分かっていても、なかなか受け入れがたいもの。50歳を越え、次々と身体に変化が起こり始めたイラストレーターのトメさんが、自身の老化に真正面から向き合います。老化によって、細胞、骨、筋肉では何が起きているの? 歳をとると涙もろくなるのはなぜ? 閉経後も生き続ける人間のは人間だけってどういうこと? 自分のなかで起こる老化の意味を知るうちに、気づけば、変化するカラダ、人生が楽しみになってきます。老いる自分のことがより愛おしくなる、身体をめぐるコミックエッセイです。

著者紹介

上大岡 トメ (カミオオオカ トメ)  
イラストレーター。東京生まれ。大学では建築を専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)