• 本

50歳からのむなしさの心理学

朝日新書 726

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-02-295027-7
4-02-295027-7
税込価格 869円
頁数・縦 212P 18cm

商品内容

要旨

人生の夏があっという間に終わった寂しさ、老いや衰えの実感、忍び寄る孤独の影、必要とされない人間になっていく焦り―。どう考え、動けば、いばらの道がラクになるか。読者とともに悩みぬき、つかんだヒントを明かす。

目次

第1章 50歳前後のむなしさの正体(心の中にある暗黒の裂け目
仕事上の行き詰まりを感じるようになる
いつの間にか孤独な人生になっていた ほか)
第2章 心の危機は軌道修正のチャンス(人は五十にして惑う
山頭火の叫びに込められた真実
心の声に耳を傾ける ほか)
第3章 むなしさと向き合う言葉(現代は「むなしさ」を感じやすい時代
自己実現欲求が、むなしさを生む
人間は「意味」を求める存在である ほか)
第4章 もがくことこそ、自己実現への道(輝くって、何?
「焼きたてのパンの匂い」に包まれた「自己実現」
出世よりも一歩進んでいる人生 ほか)
第5章 とりあえず「何」をするか(「あとで考えよう」式思考から脱する
気になることは何でもやってみる
お金の貯蓄だけでなく心の貯蓄も ほか)

おすすめコメント

気力体力が低下する50代。人生の行く末を思うとき、不安に駆られて落ち込みそうになる──。そんな中高年でも活力を取り戻す方法がある。ヒントは「生きる意味」。その具体策を心理学者が紹介する。スッキリ癒やされる「読むクスリ」。

著者紹介

榎本 博明 (エノモト ヒロアキ)  
1955年東京都生まれ。心理学博士。東京大学教育心理学科卒業。東芝の市場調査課勤務後、東京都立大学大学院心理学専攻博士課程中退。カリフォルニア大学客員研究員、大阪大学大学院助教授などを経て現在、MP人間科学研究所代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)