• 本

ヨーロッパ憲法論

叢書・ウニベルシタス 1097

出版社名 法政大学出版局
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-588-01097-2
4-588-01097-2
税込価格 3,080円
頁数・縦 232P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

人間の尊厳が傷つけられたという経験が、怒りによる闘争のダイナミズムを呼び起こし、世界規模での人権の制度化という希望に絶えず推進力を与えるとハーバーマスはいう。そして、経済状況が生み出す不安が諸国民を覆い、民主主義も空洞化するなかで、単なる国際条約を超えた憲法制度が必要であると主張する。人権の擁護を基礎とする憲政から、新たな政治を求める挑戦が、いま始まる。

目次

人間の尊厳というコンセプトおよび人権という現実的なユートピア
国際法の憲法化の光に照らしてみたEUの危機―ヨーロッパ憲法論(ヨーロッパはなぜいままさに憲法的プロジェクトなのか
EUはトランスナショナル・デモクラシーを採用するのか、それともポスト・デモクラシー的な統治連邦主義となるのか
国際的コミュニティからコスモポリタン的コミュニティへ)
補遺―ドイツ連邦共和国のヨーロッパ(破綻のあとで―インタビュー
ヨーロッパ連合の運命はユーロで決まる
ユーロプラス協定はヨーロッパを救うか、壊すか?)

著者紹介

ハーバーマス,ユルゲン (ハーバーマス,ユルゲン)   Habermas,J¨urgen
1929年ドイツのデュッセルドルフ生まれ。ゲッティンゲン、チューリヒ、ボンの各大学でドイツ文学、心理学、社会学、哲学を修め、56年フランクフルト社会研究所のアドルノの助手となり、フランクフルト学派第二世代としての歩みを始める。61年『公共性の構造転換』で教授資格を取得し、ハイデルベルク大学教授となる。64年フランクフルト大学教授、71年マックス・プランク研究所所長を歴任、82年以降はフランクフルト大学に戻り、ホルクハイマー記念講座教授を務め、94年退官。2004年11月に「京都賞」を受賞
三島 憲一 (ミシマ ケンイチ)  
1942年生まれ。大阪大学名誉教授。専攻は社会哲学・ドイツ思想史
速水 淑子 (ハヤミ ヨシコ)  
1979年生まれ。横浜市立大学准教授。専攻は政治思想史・ドイツ文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)