• 本

もうすぐいなくなります 絶滅の生物学

出版社名 新潮社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-10-423112-6
4-10-423112-6
税込価格 1,404円
頁数・縦 207P 20cm

商品内容

要旨

地球上に現れた生物の99%はすでに絶滅。人類は、いつ消える?そのあとは、牛の天下!?生命と進化の謎を解く一冊。

目次

第1章 「強制終了」のような絶滅
第2章 「絶滅」にはさまざまな理由がある―「絶滅」と「進化」の関係
第3章 人間が滅ぼした生物と、人間が保護しようとする生物
第4章 「絶滅危惧種」をめぐる状況
第5章 どのような生物が「絶滅」しやすいのか
第6章 「絶滅」とは何か

おすすめコメント

地球上に現れた生物の99パーセントはすでに絶滅。人類は、いつ消える? そのあとは、牛の天下!? 生命と進化の謎を解く一冊。

著者紹介

池田 清彦 (イケダ キヨヒコ)  
1947年、東京都生まれ。東京都立大学大学院生物学専攻博士課程単位取得満期退学。理学博士。生物学者。早稲田大学名誉教授。山梨大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)