• 本

チリを知るための60章

エリア・スタディーズ 174

出版社名 明石書店
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-7503-4858-2
4-7503-4858-9
税込価格 2,200円
頁数・縦 368P 19cm

商品内容

目次

1 歴史
2 政治経済
3 産業
4 国土と主要地域
5 日本とチリの関係
6 社会と文化

著者紹介

細野 昭雄 (ホソノ アキオ)  
国際協力機構(JICA)研究所シニア・リサーチ・アドバイザー、ラテンアメリカ協会副会長。アジア経済研究所を経て、筑波大学社会工学系、神戸大学経済経営研究所、政策研究大学院大学教授、在エルサルバドル大使。1966年より76年までチリに滞在し、国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会(CEPAL)経済調査部、国際貿易部勤務
工藤 章 (クドウ アキラ)  
ラテンアメリカ協会理事。元三菱商事理事(2012年退職)、元ラテンアメリカ協会専務理事・事務局長(2012〜2017年)。チリ・ベネズエラ・ブラジルに通算22年駐在、40年を超えラテンアメリカでのビジネスに従事、青山学院大学、浜松学院大学などの教壇に立ち、2012年以降はラテンアメリカ協会の運営に携わる
桑山 幹夫 (クワヤマ ミキオ)  
神戸大学経済経営研究所リサーチフェロー、ラテンアメリカ協会常務理事、元法政大学兼任講師。1983年より国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会(CEPAL)職員。国際貿易統合部部長代行、国際貿易課課長を歴任し、2010年に退職、12年までリージョナル・アドバイザーとして在勤。専攻は開発比較論(アジア・ラテンアメリカ)、国際貿易論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)