• 本

処刑少女の生きる道(バージンロード) そして、彼女は甦る

GA文庫 さ−06−01

出版社名 SBクリエイティブ
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-8156-0118-8
4-8156-0118-6
税込価格 682円
頁数・縦 331P 15cm
シリーズ名 処刑少女の生きる道(バージンロード)

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 処刑少女の生きる道(バージンロード) そして、彼女は甦る

    処刑を執行する少女と処刑される少女の不思議な物語。
    読んでいると「異世界」のワードが出てきますが、異世界モノというより、どちらかというと本格ファンタジーでした!
    未だ根強い人気を持つ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』以来、7年ぶりのGA文庫大賞受賞・期待の作品!

    (2019年7月27日)

商品内容

要旨

この世界には、異世界の日本から『迷い人』がやってくる。だが、過去に迷い人の暴走が原因で世界的な大災害が起きたため、彼らは見つけ次第『処刑人』が殺す必要があった。そんななか、処刑人のメノウは、迷い人の少女アカリと出会う。躊躇なく冷徹に任務を遂行するメノウ。しかし、確実に殺したはずのアカリは、なぜか平然と復活してしまう。途方にくれたメノウは、不死身のアカリを殺しきる方法を探すため、彼女を騙してともに旅立つのだが…妙に懐いてくるアカリを前に、メノウの心は少しずつ揺らぎはじめる。―これは、彼女が彼女を殺す旅。第11回GA文庫大賞“大賞”受賞作品。

おすすめコメント

これは、彼女が彼女を殺すための物語。   この世界には、異世界の日本から『迷い人』がやってくる。 だが、過去に迷い人の暴走が原因で世界的な大災害が起きたため、彼らは見つけ次第『処刑人』が殺す必要があった。 そんななか、処刑人のメノウは、迷い人の少女アカリと出会う。 躊躇なく冷徹に任務を遂行するメノウ。 しかし、確実に殺したはずのアカリは、なぜか平然と復活してしまう。 途方にくれたメノウは、不死身のアカリを殺しきる方法を探すため、彼女を騙してともに旅立つのだが…… 「メノウちゃーん。行こ!」 「……はいはい。わかったわよ」 妙に懐いてくるアカリを前に、メノウの心は少しずつ揺らぎはじめる。   GA文庫大賞、7年ぶりの《大賞》作品!――これは、彼女が彼女を殺すための物語。

著者紹介

佐藤 真登 (サトウ マト)  
第11回GA文庫大賞“大賞”受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)