• 本

吸血鬼に鐘は鳴る

集英社オレンジ文庫 あ4−5

出版社名 集英社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-08-680261-1
4-08-680261-9
税込価格 551円
頁数・縦 190P 15cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

「正統」な吸血鬼の父・クロロックのお供でドイツにやってきたエリカ。年下の義母涼子に、クロロックのお目付役をするよう言い含められたのだ。二人は、取引先の工房で、美しい日本人の修道女アンヌ・マリーと出逢う―。日本語がほとんど通じないドイツの田舎町に、なぜ彼女は暮らすのか?表題作のほか2編を収録。大人気「吸血鬼はお年ごろ」シリーズの最新作!

おすすめコメント

正当派吸血鬼の父・クロロックの海外出張について、ドイツにやってきたエリカ。年下の義母・涼子に、クロロックのお目付役をするよう言い含められたのだ。二人は、取引先の工房で、美しい日本人の修道女アンヌ・マリーと出逢う。日本語がほとんど通じないドイツの田舎町に、なぜ日本人の修道女が?しかも、彼女は数年前にある騒動を受けて姿を消した元有名女優で…!? 大人気ミステリーの最新作! 表題作『吸血鬼に鐘は鳴る』のほか、『吸血鬼とバラ色のドレス』『吸血鬼は鏡の中に』の2編を収録。

著者紹介

赤川 次郎 (アカガワ ジロウ)  
1948年福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞を受賞。2016年、吉川英治文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)