• 本

鎌倉男子そのひぐらし 材木座海岸で朝食を

集英社オレンジ文庫 あ6−3

出版社名 集英社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-08-680264-2
4-08-680264-3
税込価格 638円
頁数・縦 270P 15cm

商品内容

要旨

鎌倉材木座。今朝も朝焼けが美しい。海岸沿いで朝4時半から開店している食堂「そのひぐらし」には、早朝勤務の勤め人から深夜業務帰りのデザイナー、自称サーファー、近所のご隠居など雑多な人々が訪れ、朝食を食べていく。怠惰な店長に代わり店を切り盛りするのはバイト男子3人。それぞれ悩みを抱えた彼らが精いっぱい、皆さまの朝の目覚めをお助けします!?

おすすめコメント

【アオハルすると腹がへる・・・! 鎌倉材木座の食堂を舞台に繰り広げられる、ままならない男子3人の青春ダイアリー!】鎌倉材木座。今朝も朝焼けが美しい。海岸沿いに、朝4時半から開店している食堂「そのひぐらし」がある。早朝勤務のサラリーマンから深夜業務帰りのデザイナー、サーファー風味の男や近所のご隠居さんなど、あらゆる雑多な人々が訪れてはここで朝食を食べていく。怠惰な店長に代わって店を切り盛りするのは、迷走高校生の水澄、エリート大学生の統一郎、ぱっと見軽いのに実は悩めるフリーターの流の男子3人。学校やら家族やら仕事やら恋愛沙汰やら、様々な個人的事情を抱え、何かとうまく行かない不器用な彼らが精いっぱい、皆さまの朝の爽やかな目覚めをお助けいたします・・・!?

著者紹介

相羽 鈴 (アイバ リン)  
新潟県生まれ。「1000キロくらいじゃ、涙は死なない」で2007年度ノベル大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)