• 本

機械翻訳と未来社会 言語の壁はなくなるのか

出版社名 社会評論社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-7845-1744-2
4-7845-1744-8
税込価格 2,200円
頁数・縦 239P 19cm

商品内容

要旨

機械翻訳がひらく可能性とそこに潜む問題点をめぐって、文学、哲学、言語学の若手研究者が論究したワークショップの成果。

目次

巻頭言 機械翻訳はバベルの塔を再建するか
序章 機械翻訳をめぐる議論の歴史
第1章 機械翻訳とポライトネス―機械翻訳に反映させるべきポライトネスとその手法に関する一考察
第2章 機械翻訳の限界と人間による翻訳の可能性
第3章 機械翻訳は言語帝国主義を終わらせるのか?―そのしくみから考えてみる
エピローグ コミュニケーションの入口としての機械翻訳

著者紹介

瀧田 寧 (タキタ ヤスシ)  
日本大学商学部准教授。日本大学大学院文学研究科哲学専攻博士後期課程満期退学。専門:西洋哲学
西島 佑 (ニシジマ ユウ)  
上智大学総合グローバル学部特別研究員PD。上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科国際関係論専攻博士後期課程満期退学。専門:政治哲学。主な論文:「「特異点」と「技術」からみる言語と社会の過去と未来―テイヤール・ド・シャルダンの思想をてがかりに」(2015年度テイヤール・ド・シャルダン奨学金・金賞論文、上智大学理工学部・理工学研究所)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)